[PR]

 片山さつき地方創生相は8日の会見で、片山氏に関する口利き疑惑を報じている週刊文春について、取材手法を批判し「このままであれば刑法上の問題を検討せざるを得ない」などと述べた。これに対し、文春側は「事実と異なる点が多々ある」と反論するコメントを発表した。

 片山氏は、7日発売の同誌が報じた元秘書の口利き疑惑について、「関わっていない」と関与を否定。公務中に記者が無理やり取材したり、関係者に酒を飲ませて誘導尋問したりしたと主張して「ジャーナリズムではなく(インターネットの匿名掲示板だった)『2ちゃんねる』だ」と批判した。

 週刊文春編集部は8日、「(秘書の)監督責任を有する片山氏に事実確認を行うのは当然の取材活動」とするコメントを発表。「取材では片山氏への接触、進路妨害などは一切なく、むしろ片山氏の関係者が記者のスーツを引っ張るなどした。公人中の公人である片山氏が、疑惑の取材に対して真摯(しんし)に説明することは政治家としての当然の責務と考える」とした。(田嶋慶彦)