[PR]

 1970年の大阪万博のシンボル「太陽の塔」の頂にある「黄金の顔」。現在は2代目だが、かつて設置されていた初代が来年夏、約30年ぶりに常設展示されることになった。大阪府が万博記念公園(同府吹田市)に新施設を造る方針で、2025年に開催される大阪・関西万博に向けた機運を盛り上げる狙いだ。

 太陽の塔は芸術家の岡本太郎(1911~96)が制作。府によると、初代黄金の顔は直径10・6メートル。厚さ0・8ミリの鋼板337枚を組み合わせ、表面には金色の特殊フィルムが貼られていた。

 1970年に完成した塔の頂部に取り付けられたが、風雨で傷み、92年度の大改修時に取り外された。現在の顔はステンレス製の2代目だ。

 初代に使われた鋼板のうち背面の170枚はゆがみや傷みが激しく処分されたが、正面の167枚は当時のまま万博記念公園内の収蔵庫に分解して保管されてきた。2020年が大阪万博から50周年となるのを記念し、府は鋼板を組み立て直し、新たな施設で常設展示する方針を決めた。

 新施設は「ANNEX2020…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら