[PR]

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、米カリフォルニア州アナハイムで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で、平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は4位につけた。演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――演技を振り返って。

 「満足いく演技ではなかったですけど、悔しいと言えるほど練習をしてこなかったので、悔しいという権利はないかなと思う。ただ、(連続ジャンプの)二つ目のジャンプ(3回転トーループ)を回り過ぎるだろうなと、試合前からずっと思っていた。本当にその通りになったジャンプだったなと思う。これをどうしたらいいのか分からないですけど、とりあえず僕に残されたのは、全力でやること。守らずに、もっと攻め続けたいと思っています」

 ――全日本選手権で負傷した右足首はどうだったのか。違和感は残っていたのか。

 「痛みはもう全くない。ただ練…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら