[PR]

 ある経済産業省の官僚の主張が、霞が関に波紋を広げている。

 この経産官僚が「クビを覚悟で書いた」という本。帯には「数々の不可能を可能にしてきた現役官僚が示す超高齢社会の『処方箋(せん)』」とうたう。これまで厚生労働省の専売特許だった社会保障政策に、ずっと犬猿の仲だった経産省が深く関わり始めていることを端的に物語っている。

 昨年6月、経産省のキャリア官僚、江崎禎英(えさき・よしひで、1989年入省)は、厚労相の加藤勝信(かとう・かつのぶ、現自民党総務会長)のもとを訪れた。

 厚労省10階の大臣室で加藤と向き合った江崎は自著「社会は変えられる 世界が憧れる日本へ」の内容を説明した。紙幅の大半を費やし、社会保障制度を論じている。職場のお墨付きを得たものではなく、近く出版されれば波紋を呼ぶと考えていたためだ。出版前に加藤にも内容を伝えておく必要があると考えた。

 しかし、加藤の反応は好意的だった。

加藤が最後に告げた「君を採用しようと思う」。経産省と厚労省の関係も変わっていきます。

 面談は予定の時間を超え、30…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら