[PR]

 スターバックスコーヒージャパンは8日、主なドリンクメニューの約3割を15日から10~30円値上げすると発表した。物流費や原材料費の高騰のためで、値上げは2011年2月以来、8年ぶり。

 「ドリップ コーヒー」(ショートサイズ税別280円)や「スターバックス ラテ」(同330円)などはすべてのサイズで10円、「キャラメル フラペチーノ」「抹茶 クリーム フラペチーノ」(トールサイズ税別470円)などもすべてのサイズで20円引き上げる。ポットでコーヒーを提供する「ポットサービス」(税別2千円)は300円の値上げ。デザートなどのフードメニューやコーヒー豆の値段は変わらない。同社は「従業員の働く環境を改善するための投資にあてる」としている。