[PR]

 中学生の少女にわいせつな行為をしたとして、佐賀県警は8日、同県鳥栖市平田町の僧侶、高田周市容疑者(45)を福岡県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕し、発表した。高田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 鳥栖署によると、高田容疑者は昨年9月15日午後4時半ごろから同6時半ごろまでの間、福岡県久留米市のスーパーの駐車場に止めた車の中で、同県内の少女(当時14)が18歳未満と知りながら、体にさわるなどした疑いがある。別件で署が少女を補導し、話を聴く中で発覚した。2人はインターネットのゲームサイトを通じて知り合ったという。