拡大する写真・図版 東日本大震災を機に、生き直す決心をした「にゃおさん」。8年前、この高台に避難した=2019年3月1日、岩手県

[PR]

 ふるさとの町並みが黒い津波にのみ込まれてゆく。高台に避難した住民は立ち尽くしたまま、見つめるしかなかった。8年前のあの日、その中に「にゃおさん」もいた。男性として違和感を抱えながら生きてきた半生が、津波で消し去られたと感じた。「震災がなければ今の自分はない」

 27歳。ネットでは「にゃおさん」と名乗る。

 思春期に声変わりし、身長がぐっと伸びた。体は男らしくなったが、好意を寄せる相手は女性ではなく男性だった。そんな自分が嫌で、一人称はわざと男っぽく「俺」と呼んだ。

 心と体の乖離(かいり)、苦し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら