[PR]

 トランプ米大統領は8日夜、自身のツイッターに投稿し、今月27、28両日に予定されている米朝首脳会談の開催都市がベトナムの首都ハノイに決まったと明らかにした。米国のビーガン北朝鮮政策特別代表が6~8日に平壌に入り、北朝鮮の金赫哲(キムヒョクチョル)・元駐スペイン大使と最終調整していた。

 トランプ氏はビーガン、赫哲両氏の会談を「とても生産的な会談だった」と指摘。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との2回目の会談に向け、「金委員長と会談し、平和を前進させることを楽しみにしている!」とツイートした。

 「北朝鮮は金正恩氏のリーダーシップのもと、素晴らしい経済大国となるだろう」とも投稿。かつてミサイル実験を繰り返す正恩氏を「ロケットマン」と非難したが、この日は「北朝鮮は違うロケットに、すなわち経済のロケットになるだろう!」と持ち上げた。

 米政府関係者によると、米政府はベトナム中部のダナンで開催することを要望。一方、北朝鮮側は米朝首脳会談と同時にベトナム首脳らとの会談も希望し、会談場所として都合の良いハノイでの開催を求めていた。トランプ氏は米朝首脳会談の実現を強く希望し、米側が北朝鮮側の意向を尊重してハノイでの開催を決定したとみられる。

 一方、米国務省は8日、ビーガン氏と赫哲氏の実務協議について発表し、両者が米朝首脳会談前に改めて協議することで合意したと明らかにした。完全な非核化や米朝関係の転換、朝鮮半島の恒久的平和の確立についても協議したという。

 ビーガン氏は9日、ソウルで康京和(カンギョンファ)外相や李度勲(イドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談し、赫哲氏との協議の内容を共有した。

 韓国側によると、ビーガン氏は「シンガポール(での1回目の米朝首脳会談の)合意の履行や米朝の信頼関係を進展させる交渉の過程で、韓国と一層緊密に協議していきたい」と述べた。その後、訪韓中の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と会談した。(ワシントン=園田耕司、ソウル=武田肇)