[PR]

 読売新聞日立支局長の男性記者(52)が、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警から交通切符(赤切符)を交付されていたことがわかった。同社は8日、休職2カ月と記者職から外す懲戒処分とした。

 読売新聞グループ本社広報部によると、男性記者は1月29日午前1時25分ごろ、茨城県日立市内の路上で乗用車を運転中、県警のパトカーに停止を求められ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。男性記者は28日深夜から自宅で缶ビールや日本酒を飲んだ後、コンビニに買い物に行く途中だった。

 同広報部は「許されない行為であり、厳正に処分いたしました。社員教育を徹底し、再発防止に努めてまいります」とのコメントを出した。