[PR]

 群馬を訪れる外国人のお土産にしたり、英語学習の教材に生かしたりしてもらおうと、群馬県は英語版の郷土かるた「上毛かるた」の作成に取り組んでいる。2020年の東京五輪や小学校の英語が教科化されるのを前に19年度中に発行し、販売も始める計画だ。

県など新年度発行

 英語版の上毛かるたは1998年に財団法人群馬文化協会が作り、販売していたことがある。だが、発行元だった同協会は2013年11月に解散。著作権と商標権は県に無償譲渡され、その後の販売はなかった。

 学校などから教材利用を望む声…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら