[PR]

 自民党は10日、都内のホテルで党大会を開いた。統一地方選と参院選が同じ年に行われる「12年に一度の政治決戦の年」と位置づけた今年の運動方針案を採択。安倍晋三首相(党総裁)は演説で、春の統一地方選と夏の参院選の勝利を呼びかけた。

 首相は統一地方選について「地方議会の力こそ、自民党の力の源泉だ。力を合わせて勝ち抜いていこう」と強調。参院選は「先頭に立つ決意だ」と述べ、勝利を誓った。厚生労働省の統計不正問題については「再発防止に努める」。さらに、「憲法改正に取り組むときがきた」と述べたうえで、憲法9条への「自衛隊明記」を訴え、「違憲論争に終止符を打とう」と訴えた。

 首相演説に先立ち、二階俊博幹事長は党務報告で「統一地方選と参院選に、党は一丸となって必ず勝利しなければならない」と強調した。

 また、「スペシャルスピーチ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら