[PR]

 街中の小さな郵便局がライブハウスに変身した。北九州市八幡西区の折尾丸尾町郵便局が10日夜、「図鑑」の名前で福岡市を中心に活動しているアーティストの平山カンタロウさん(31)のライブを開いた。郵便局長の宮崎敦司さん(56)と平山さんが、ともに北九州市と長崎市の二つの街に縁を持つことから実現した。

 宮崎さんは7年ほど前から2年間、長崎市内の郵便局で勤務した。初めて暮らす土地だったが、長崎の人たちは温かく迎えて仕事を支えてくれた。局は爆心地の近くにあり、長崎原爆の最初の投下目標が小倉だったことから、出身の北九州市との縁を感じたという。

 その後、実家のすぐ近くにある折尾丸尾町郵便局の局長になった。「恩返しをしたい」と、局内に長崎ゆかりの品々を並べたコーナーを設けた。長崎出身のさだまさしさんの妹で歌手の佐田玲子さんを招いて、局舎の前で屋外ライブを開いたこともある。

 そうした活動を聞きつけ、長崎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら