[PR]

 中米ベリーズの最大都市ベリーズ市で7日夕、現地在住の日本人親子が2人組の強盗に襲われ、大学生のヤナイ・マサキさん(19)が銃で撃たれて死亡し、父親のヤナイ・タカユキさん(53)が重傷を負った。容疑者は逃走し、警察が行方を追っている。現地メディアが報じた。

 現地の報道によると、7日午後6時ごろ、2人が買い物から自宅に戻り、庭で車から荷物を下ろしていたところ、銃を持った2人組の男が押し入り、タカユキさんを襲撃。助けようとしたマサキさんに発砲し、現金の入った財布などを盗んで逃げたという。

 ヤナイさん親子は現地に約15年在住し、タカユキさんは日本料理店を経営。マサキさんはベリーズ大学に通っていたという。(サンパウロ=岡田玄)