[PR]

 亡くなった堺屋太一さんは、子供の頃に住んだ御所市とのつながりを大切にしていた。幼なじみとお茶を飲んだり、郵便局の改修に寄付をしたり。最近まで交流が続いた地元の人たちは生前の人柄をしのんだ。

 堺屋さんは終戦前、奈良県御所市名柄(ながら)に疎開し、名柄国民学校(現名柄小学校)に通った。同校に通い、今も名柄で理容店を営む小嶋宏三さん(86)は「子どもの時分から頭がよくて、温厚でした」と振り返る。着物姿で分厚い本を抱えて登校し、先生に「弁が立つ」と一目置かれた。

 4学年上の小嶋さんは、近所のよしみで一緒によく遊んだ。「怖がりなところもありましたね」。秋祭りでてんぐの面をかぶった大人に追いかけられて逃げ回っていたのを覚えている。

 堺屋さんは最近も年2回ほど小…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら