[PR]

 大阪から高知への帰り道、運転席の塩崎敦史さん(26)と助手席の由加里さん(31)は、ずっと無言だった。由加里さんは晴れわたった空をぼんやりと見ながら、おなかに手を当てた。エンジンの振動で羊水が揺れているのがわかった。

 高知の大学病院で定期健診を受けたのは4日前。双子の女の子を妊娠し、7カ月を迎えていた昨年5月8日のことだった。

 主治医はエコー画像を確認すると、別の医者を呼んだ。2人で何ごとかを話した後、「双胎間輸血症候群の疑いがあります」「すぐに大阪の病院に行ってください」と告げられた。

 翌9日、敦史さんと大阪の病院へ。胎児の1人に血液が行きわたりすぎる病気と説明された。10日、手術を受けた。胎児同士をつなぐ胎盤の血管をレーザーで焼いた。下腹部に鈍い痛みを感じた。11日、医師にエコー画像を見せられた。1人の子に心拍が確認できなかった。12日、もう1人の心臓も動いていなかった。

 大きなおなかをかかえた由加里…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら