[PR]

 「亡霊が市役所の中を徘徊(はいかい)している」。これは、神戸市の久元(ひさもと)喜造(きぞう)市長が述べた言葉だ。亡霊とは、職員の労働組合が組織的に行っていた長年の慣行。「ヤミ専従」と呼ばれたその問題を巡り、神戸市は今月、職員ら189人の大量処分を発表した。背景に、歴代市長と労組の根深い関係が指摘されている。

 「ゆがんだ労使関係によるコンプライアンス違反が、長年組織ぐるみで行われてきた。組織風土を抜本的に改める必要がある」。18日の神戸市議会本会議で、自民の市議が訴えた。

 神戸市は今月6日、過去最多の73人を停職などの懲戒処分にした。内部処分の訓戒を含めると、対象は189人にのぼる。理由は「ヤミ専従」だ。

 公務員には地方公務員法で職務に専念する義務が課せられている。勤務中に組合活動をする場合は事前に申請が必要になる。これを怠るとヤミ専従となる。

 発覚のきっかけは、昨夏にさか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら