[PR]

 米音楽界の祭典、第61回グラミー賞の授賞式が10日、ロサンゼルスで開かれ、日本出身の映像ディレクター、ヒロ・ムライが監督した作品が最優秀ミュージックビデオ賞を受賞した。

 受賞作品はミュージックビデオで、チャイルディッシュ・ガンビーノの楽曲「ディス・イズ・アメリカ」。凄惨(せいさん)な銃撃シーンのあとで、「これがアメリカだ」という歌詞が続く内容で、話題を集めていた。同楽曲は、主要賞である、最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞も受賞した。

 ムライの父親は「翼をください」などを作曲した音楽プロデューサー、村井邦彦さん。ムライは東京生まれで、9歳のときにロサンゼルスに移住した。

 第61回の授賞式は、女性シンガーのアリシア・キーズが司会。昨年のグラミー賞では、男性歌手に賞が偏ったとの批判が出ていた。

 今回のグラミー賞では、最優秀デュオ・グループ賞を、レディー・ガガが主演した映画「アリー/スター誕生」の主題歌「シャロウ」が受賞。授賞式では、レディー・ガガやアリシア・キーズが生演奏した。(サンフランシスコ=尾形聡彦