[PR]

 中国・新疆ウイグル自治区でのトルコ系少数民族ウイグル族に対する同化政策は人権侵害だとして、トルコ政府が非難している問題で、中国外務省の華春瑩副報道局長は11日の定例会見で、「(非難は)非常に悪質だ。偏りなく正確に中国の政策を理解してほしい」と反論した。

 トルコ外務省は9日の声明で「100万人以上のウイグル族が収容所と刑務所で拷問や洗脳をされている」「人類にとって大きな恥だ」などと主張。拘束されていた有名な民族音楽家が死亡したことを非難の理由に挙げていた。

 これに対し、華氏は中国メディアが10日に撮影したとする音楽家の動画を見て地元関係部門にも確認したとして、「音楽家は生きており、健康だ」と死亡を否定。「生きている人を死んだとうそを言って批判するのは間違っており、無責任だ」とトルコ政府の姿勢を批判した。音楽家は国家安全に危害を与えた容疑で拘束されているという。

 華氏は、同自治区の政策につい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら