[PR]

 韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長が米通信社のインタビューで、慰安婦問題について天皇が元慰安婦に直接謝罪をすれば解決できるなどと話したことについて、菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、韓国側に強く抗議し謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。

 菅氏は「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾である旨を厳しく申し入れをし、強く抗議した」と述べた。8日に外務省の局長級で申し入れをし、翌9日には長嶺安政・駐韓大使から韓国外交省の第1次官に改めて申し入れた。

 菅氏によれば、韓国政府からは「早期の日韓関係改善を願う文議長の思いから出たものであり、報道のされ方は議長の本意ではなかった」との説明があったが、謝罪、撤回はないという。