[PR]

 架空の広告宣伝費を計上するなどして計約1億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は12日、インターネットで青汁を販売する健康食品販売会社「メディアハーツ」(東京都渋谷区)の社長、三崎優太容疑者(29)を法人税法違反などの疑いで逮捕し、発表した。関係者によると、三崎容疑者は「広告宣伝費は正当な支払いだった」と容疑を否認しているという。

 特捜部は、会社役員の加藤豪容疑者(34)とメディアハーツ経理責任者の内藤由美子容疑者(49)の2人も同幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。

 発表によると、三崎容疑者は2015年9月期と17年9月期の各年度で、架空の広告宣伝費を計上するなどして所得を隠し、法人税約1億4千万円を免れたほか、消費税約4千万円を免れた疑いがある。加藤容疑者と内藤容疑者は、架空の広告宣伝費を加藤容疑者の会社名義の口座に入金させた疑いがある。

 三崎容疑者は「青汁王子」として民放のニュース番組などに出演。昨年8月、自身のツイッターで国税局から連絡を受けたことを明かしたうえで、「20億円は税金を納めている。全部記録済み」「数十億円納税して、この仕打ちはやってられない」などと投稿していた。

 信用調査会社によると、同社は2007年に設立。17年9月期の売上高は約120億円で、前年比6・5倍だった。青汁などの健康食品や化粧品の販売で急成長しているという。