[PR]

 中古品販売大手のコメ兵(名古屋市)は、バッグなどのブランド品を買い取る際の鑑定業務に、人工知能(AI)を活用すると発表した。鑑定士の作業を効率化し、接客サービスの向上につなげる。

 今春、名古屋の本店で導入する。最初は「ルイ・ヴィトン」のバッグや財布、小物類の鑑定で活用する。持ち込まれた商品の複数の箇所に小型カメラをあて、コメ兵が蓄積したデータと照らし合わせ、本物かどうかをAIが分析。約10秒で判定ができるという。

 コメ兵は昨春から、ベンチャー企業と協力し、AI判定システム開発に着手。ルイ・ヴィトンであれば、「真贋(しんがん)の鑑定の精度は97%以上」(コメ兵)という。今後は精度をさらに高め、ほかの有名ブランドでも活用できるように改良する。導入店舗についても順次、拡大する予定だ。

 コメ兵では、専門教育を受けた鑑定士約300人が在籍し、宝石や時計などの高級ブランド品を中心に年間140万点ほどを鑑定し買い取る。いまは鑑定士が一つの商品につき、3~5分ほどかけて見極めている。買い取りの本人確認は、従来通り店員が担当する。(斉藤明美)