【動画】インドネシアの警察がヘビを使って容疑者を尋問=弁護士ベロニカ・コマン氏のツイッターから
[PR]

 インドネシア東部パプア州で警察官が巨大なヘビを使って窃盗事件の容疑者の男性を取り調べる様子を映した動画がネットで拡散し、国内外で批判が出ている。地元警察トップが「正しいやり方ではなかった」と謝罪する一方、「真実を知る狙いだった。毒を持たず、かまないヘビで、拷問ではない」と釈明した。

 動画には、後ろ手に縛られ床に座らされた男性の首に約2メートルの生きたヘビが巻き付けられ、警察官がヘビの頭や尻尾を男性の顔に近づける様子が映っている。「助けて」と叫ぶ男性に、周囲から「正直に」「携帯電話を盗んだのは何回だ」と尋問が続く。男性が「2回だけだ」と答えたところで1分21秒の動画は終わる。

 同州ジャヤウィジャヤで撮影されたとみられ、取り調べを受けた男性は酒に酔って盗みをした疑いが持たれた地元のパプア人という。騒動の後、現地の警察署長は、関わった警察官たちを懲罰で配置転換したと地元メディアに説明した。ただ、「地元の人たちは盗みや酒に酔った人たちにうんざりしており、二度と起こさないようにと警察がヘビを使うことは支持されている」とも話した。

 パプア州は分離独立問題で不安定な治安情勢が続く。昨年12月にはジョコ大統領が同州で進めるインフラ事業に絡み、国営企業の建設労働者や兵士ら数十人が死傷する事件が発生。国は独立派武装集団の犯行と断定し、掃討作戦を展開した。

 警察や軍による現地の人々への人権侵害も指摘されており、同州の人権問題に関わる弁護士のベロニカ・コマン氏は「パプア人の取り調べでヘビが日常的に使われている」とツイッターにこの動画を投稿。複数の人権団体も抗議した。(ジャカルタ=野上英文