[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。日本テレビ社員の谷生(たにお)俊美さんは2018年、報道番組「news zero」に出演し、自らがトランスジェンダーであると公表しました。特派員として働いた中東で戦地やテロの取材を経験し、「自分らしく幸せに生きる」と心に決めたのです。

     ◇

 若い頃からセクシュアリティーの模索が続いていました。色々な人と友達になっても、ロールモデルが見いだしにくかったんです。周囲の声も気になりました。

 日本テレビの報道局で働いていて、31歳から5年間、特派員としてエジプトで過ごしたことで答えが明確になりました。カイロ支局では日本人が私ひとりで、自分と向き合う時間が増えました。人生について考える時期に、エジプトにいて、1人でずっと考えた。

 同時に、取材で人の命について考えさせられることが多かった。テロや戦争の現場で、何度も取材をしたんです。

 100人が亡くなるリゾート地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら