大分トリニータは11日、2014年途中から16年までDFとして所属し、チーム主将も務めたダニエル・シルヴァ・ドスサントスさんが、母国のブラジルで10日に肺がんのため亡くなったと発表した。36歳の若さだった。突然の訃報(ふほう)にチーム関係者も驚き、その死を悼んだ。

 ダニエルさんは09年に来日。ヴァンフォーレ甲府、名古屋グランパスを経て、トリニータに入団した。守備陣の要として活躍し、セットプレーでは高さを生かした得点力でチームを支えた。15年シーズンには主将も務めた。

 J3で優勝してJ2復帰を決めた16年シーズン終了後、契約満了で退団。チーム広報によると、在籍時に肺がんと診断されていたが、プレーを続けていた。ブラジル帰国後は治療を続けながら、サッカーの指導者もしていたという。

 片野坂知宏監督は「病と闘いながら身体にムチ打ち、トリニータのJ3優勝へ多大な貢献をしてくれた。引退後もきっと病に打ち勝って回復すると思っていました。本当に残念で仕方ありません」とのコメントを発表した。

 チーム運営会社の榎徹社長も「文字どおり大黒柱としてJ3優勝に貢献してくれた、本当に頼りになる選手でした。ご家族と楽しそうに笑っていた姿が忘れられません。ご冥福を祈ります」とコメントした。(平塚学)