[PR]

 昨夏のジャカルタ・アジア大会で大会最多の6個の金メダルを獲得し、最優秀選手に選ばれた競泳女子の池江璃花子(りかこ)選手(18)=ルネサンス=が12日、自らのツイッターで白血病と診断されたと公表した。その後会見した日本水泳連盟によると、東京都内の病院に入院中で、復帰の時期は未定。病状の詳細や治療法については明かさなかった。

 東京・淑徳巣鴨高3年の池江選手は1月18日から豪州ゴールドコーストでの強化合宿に参加していたが、体調不良をたびたび訴え、現地の病院で検査を受けた。合宿を切り上げて8日に帰国して入院。再検査した結果、白血病と診断されたという。

 池江選手は、2020年東京五輪の有力なメダル候補。ツイッターでは「さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」とつづった。会見した日本水連の上野広治副会長は「(東京五輪の出場権がかかった20年日本選手権に出られるかは)現状はわからない。(本人は)まずは病気を治すことに専念したいと言っている」と述べた。

 担当する三木二郎コーチによると、池江選手はショックを受けていたものの、「前向きな姿勢で白血病に必ず勝つんだという気持ちを見せている」と語った。周囲には普段通りに接しているという。

 池江選手は高校1年で16年リオデジャネイロ五輪に初出場。長水路(50メートルプール)では女子100メートルバタフライなど五つの個人種目で日本記録を持っている。今春から日大に進学する予定。(照屋健)