写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 鼻水が出たり、目がかゆくなったり、花粉症の人にはつらい季節が今年もやってきた。中には、果物や野菜を食べたときに口の中がかゆくなったり、のどがいがいがしたりする人もいる。その症状、実は花粉症と関係しているようだ。

 2年ほど前、千葉県に住む当時中学2年生の男性は食卓に並んだカットされたモモに手をつけなかった。不思議に思った母親に理由を聞かれ、こう答えた。「のどがいがいがするから食べたくない」

 小さいころは普通に食べられたが、次第にリンゴを食べても似た症状がでるようになった。それ以降、新鮮なモモやリンゴを避けるようになった。

 花粉症の人が果物や野菜を食べて、口の中などにアレルギー反応が起きるのを「花粉―食物アレルギー症候群」(PFAS)と呼ぶ。男性は春先に花粉症の症状がでる。検査は受けていないが、帝京大学医学部の山口正雄教授(呼吸器・アレルギー学)はPFASの可能性があると見る。「花粉症がきっかけで食べられなくなったのだろう」

 花粉症のアレルギー反応は、目や鼻などから体内に入った花粉を追い出そうとして抗体が作られ、その抗体が花粉とくっつくことで目や鼻が刺激される。

 なぜ果物や野菜を食べることで同じような症状がでるのか。例えば、シラカバの花粉には「Betv1」というたんぱく質がある。これに似たたんぱく質がリンゴなどにも含まれ、抗体がこれと反応する「交差反応」を起こすとアレルギー症状がでる。このため、シラカバの花粉症の人がリンゴを食べると口の中のかゆみや唇のはれが生じる。

 症状は主に口腔(こうくう)内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら