[PR]

 プロ野球の中日は12日、右肩の違和感で別メニュー調整中の松坂大輔投手(38)が沖縄県内の病院で検査を受け、右肩に炎症が見つかったと発表した。

 球団によると、現時点で治療方針などは未定という。松坂は「球団から(プレス)リリースがあると思う」とだけ話し、球場を後にした。

 松坂本人から報告を受けたという与田監督は「沖縄を離れた方がいいのか、詳細が分かった時点で方針を決めたい。本人が一番苦しいだろう。体の不安がなくなるまで、やれることをやって欲しい」と話した。

 球団は11日に、沖縄キャンプ中に松坂がファンに右腕を引かれて以降、右肩に違和感を覚えていることを明らかにしていた。

こんなニュースも