[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕強化本部長が12日に取材に応じ、白血病の診断を受けたことを公表した池江璃花子について「今一番勢いがある、可能性を秘めている、さらに成長が期待される選手。彼女は大変なショックを受けていると思うが、まずはしっかり病気を治す。それを最優先にしてほしい」と語った。

 日本選手団の団長を務めた昨年9月のアジア大会では、池江が6個の金メダルで最優秀選手(MVP)に輝き、その活躍ぶりを絶賛していた山下強化本部長。「2020年だけじゃなく、それ以降も日本のスポーツ界を引っ張って行く選手。現状でJOCに何ができるかわからないが、我々にできることがあれば精いっぱいやりたい」と話した。

関連ニュース