神奈川)難病の真子さん救おう 両親らが募金呼びかけ

有料会員記事

石平道典
[PR]

 国の指定難病「肺動脈性肺高血圧症」と診断された神奈川県相模原高校1年生の田村真子(まこ)さん(16)=相模原市=が渡米して肺移植手術を受けられるようにと、両親や支援者らが「まこちゃんを救う会」を結成し、募金活動を始めた。医療費や渡航費などで1億9千万円を目指すという。

 肺動脈性肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る肺動脈の内腔(ないくう)が狭まって血液が送りにくくなり、肺動脈圧が高くなる難病。8年前に真子さんの母、久視子(くみこ)さん(51)が同症と診断され、検査をしたところ、真子さんが中1の時に同症だと判明した。

 「遺伝させてごめんねと真子にいったら、『お母さんのせいじゃないよ。大丈夫』と言ってくれた。真子に未来を与えてほしい」。募金活動への協力を呼びかける記者会見で、久視子さんは涙ながらに訴えた。

 中3の頃には入院することが…

この記事は有料会員記事です。残り1133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。