[PR]

 兵庫県川西市は4月から、ふるさと納税で市に寄付をする際、使い道として市内14地区にある街づくり組織を選べるようにする。納税者は出身の地区など、ゆかりの地をピンポイントで応援できる。

 地域の活性化策として、越田謙治郎市長が昨年10月の市長選のマニフェストで掲げていた。2019年度の当初予算案に関連経費を盛り込んだ。

 川西市には16の市立小学校があり、おおむね学区ごとに一つずつ街づくり組織がある。寄付金は市が支給している補助金に上乗せする形で渡す。地域活性化のためならば、自由に使うことができる。

 具体的な使途として、例えば、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら