「だるい、疲れの抜けが遅い」 池江、年明けから違和感

有料会員記事

照屋健
[PR]

 「身体のだるさを感じることが多くなっている」

 1月中旬、東京都内であった池江璃花子の今年初レースを取材したときのことだ。100メートルバタフライの記録は日本記録の自己ベストから4秒33も遅く、「自分でもびっくりするくらい遅い」と首をかしげていた。1年前は正月休みを終えていきなり短水路の日本記録を4回連続で更新しただけに、違和感を感じた。

 ただ、そのときは12月末に…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら