[PR]

 2020年東京五輪のメダル候補、競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)の病気療養に関する緊急会見は12日夕、東京都渋谷区の岸記念体育会館で開かれた。10台以上のテレビカメラが並び報道陣が殺到するなか、日本水連の上野広治副会長(強化担当)、所属先の三木二郎コーチ(ルネサンス)らが経緯などを説明。病に襲われた18歳を「どうか温かく見守ってください」と訴えた。

 1月18日からの豪州での合宿中、異変を感じたのは三木コーチだった。「トレーニング中に今まで見たことのない、肩で呼吸をするような場面があった。休ませたら回復するかとも思ったが、2月4日に現地の病院に連れていった」

 検査の結果、早期の帰国を促された。8日朝に羽田空港に着き、そのまま入院に。その日のうちに白血病との診断を受けた。付き添っていた上野副会長は「まさかこのような病名を言われるとは。思いもよらない診断名だった。本人も相当ショックだったと思う」。その一方で、「1時間もしないうちに本人から前向きな発言が出てきた。病名を発表するのも彼女なりの決断だった。病気に立ち向かおうという彼女の姿勢に本当に頭が下がる」と話した。

 三木コーチも10日に本人に会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら