[PR]

 一緒に映画をつくりませんか――。愛知県高浜市が地域を舞台にした市民ムービー「タカハマ物語3」のスタッフ、キャストを募集している。説明会・オーディションが17、23の両日、高浜市沢渡町4丁目の高浜エコハウスで開かれる。

 「タカハマ物語3」は、市民団体「Kids Now(きずな)実行委員会」との共同制作。監督の加藤行延さん以外は、出演や撮影、小道具・衣装づくり、広報など映画制作のほとんどを公募した市民が担う。子どもや若者が、大人たちとともに映画づくりの中でそれぞれの役割を果たすことで将来の夢を見つけ、地域への愛着を高めてもらうのが目的だ。

 2012年に制作した「タカハマ物語」、16年の「タカハマ物語2 心のツバサ」に続く3作目。前2作に参加した市民スタッフやキャストの一部が今回も参加する。高浜中学校1年の村瀬叶萌(かなめ)さん(13)は「前回は小4だったので、中学の先輩が積極的に動く様子を見て助けられた。今回は自分が動く姿を見せたい」と話した。

 加藤監督は「今回は新しい挑戦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら