[PR]

 入居が始まってから約半世紀がたった多摩ニュータウン。「住みやすさ」を求めて街のリニューアルが動き出している。

 バス運転手はハンドルを握っていない。走行中、人が座席から立つと注意の音声が流れた。人工知能(AI)が危険を感知したのだ。

 2月12日、多摩ニュータウン(NT)にある東京都多摩市豊ケ丘、貝取地区で、東京都などが自動運転バスの実証実験をした。自動運転が実現してバス会社の採算性が良くなれば、幹線道路だけでなく家の近くまで細かくルート設定でき、高齢者の外出が容易に――。最新技術を駆使して、こんな未来が訪れることを思い描く。

     ◇

 「脱オールドタウン」の挑戦は官民で進んでいる。

 住宅供給の役割を担う都市再生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら