[PR]

 いじめによる子どもの死亡事件を、加害者の視点から描く自主長編映画「許された子どもたち」が制作中だ。出演者の半分は、芸能事務所に所属しない一般の10代。内藤瑛亮監督(36)は「加害者のバッシングは根本的な解決にならない。白黒がつかない世界を描きたい」と話す。

 内藤監督は、「ライチ☆光クラブ」「ミスミソウ」など多くの商業映画を手がける一方で、罪を犯した少年少女の物語にこだわってきた。

 2011年には、初の自主長編映画「先生を流産させる会」を発表。男子中学生が妊娠中の30代の女性教諭の給食に異物を混入したという、愛知県で2009年に起きた実話を基にした。担任に不満を抱いた男子中学生十数人が、妊娠中の30代の女性教諭に対して、いすのねじを緩めたり、給食に異物を混入したりしていたという内容。映画は男子を女子に置き換えて制作し、公開時に大きな議論を呼んだ。

 「許された子どもたち」も実話がベースになっている。

 1993年に山形県の中学1年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら