[PR]

 愛知県は13日、同県田原市の養豚場の豚から家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の陽性反応が出たと発表した。同県では6日に豊田市と田原市の別の養豚場で豚コレラ感染が確認されており、県内で3カ所目となる。県は13日午後、この養豚場で飼育する約1180頭の殺処分を始める。農林水産省は同日、疫学調査チームを派遣して感染経路を調査する。

 県によると12日午後2時15分ごろ、この養豚場が飼育する豚に紫斑や死亡などがみられると県東部家畜保健衛生所に連絡があった。13日午前4時40分ごろ、県の検査で豚コレラウイルスの陽性反応が出た。

 6日に感染が確認された田原市の養豚場とは5キロほど離れているが、同じ食肉処理場を利用していたという。県は13日、今回の養豚場から半径3キロ圏を移動制限区域とし、半径10キロ圏を搬出制限区域とする。県の担当者は記者団に「養豚産地であり、何とか早く食い止めたい」と話した。

 愛知県内では6日に豊田市の養…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら