[PR]

 JR西日本は23日、新型車両227系の展示会を王寺駅(奈良県王寺町久度2丁目)で開く。来月の運行開始より一足先に、車両の外観や客席を見ることができる。

 227系は、ダイヤ改定にあわせ、3月16日から桜井線(万葉まほろば線、奈良―高田)と和歌山線(王寺―和歌山)で運行を始める。外観には、奈良や和歌山の自然などをイメージした緑色を配した。

 展示会は午後2時40分~3時半、王寺駅5番のりばで開かれる。車内を自由に見学できるほか、JR西日本の社員による車両の解説がある。車内には車両の特徴を記したパネルが展示される。

 入場無料で申し込みは不要だが、当日午後2時40分から中央改札口前で配られる入場証が必要。混雑時、入場や見学時間に制限を設ける場合がある。大幅なダイヤの乱れがある場合、中止することがある。問い合わせはJR西日本お客様センター(0570・00・2486)へ。(照井琢見)