[PR]

 安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の事実上の空母化について、「空母は米空母のようにもっぱら航空機の運用機能に特化した艦船を指すと考える。いずもは空母に該当するものではない」と述べ、否定した。

 いずもについては、憲法で保有が認められていない「攻撃型空母」に当たるとの批判が根強い。首相は「憲法上保有の許されない空母ではないことは明らかだ」とも答弁した。

 立憲民主党の本多平直氏の質問に答えた。