皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 悲惨な児童虐待が後を絶たない。そうした家庭では、配偶者などパートナーに対する暴力(DV)が同時に起きている場合も多い。負の連鎖を生み、逃げ場を失う子どもたち。当事者の話を聞いた。

 「母は頼れず、父の機嫌を損ねないように生きた」。東京都のエッセー漫画家、やぶうちゆうさん(32)は子ども時代をそう話す。千葉県野田市で1月、小4の女児(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件など相次ぐ虐待報道を受け、読者の困りごとや疑問を募って取材する朝日新聞「#ニュース4U」取材班に経験を寄せた。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uは、あなたの声で深掘り取材する企画です。ご意見をお寄せください。公式LINE@アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

母に馬乗り、殴り続けた父

 「俺がいないと、お前は何もできない」。物心がついた時から父は母を見下した言葉を放ち、ささいなことで母の頭をたたいていたという。「口で言っても聞かんやつは、殴ってでも聞かせるんや」。小学6年の夏、父が母に馬乗りになり、顔を何度も殴った。「やめて」と叫んでも、自分の力では父を止められない。泣きながら見続けた。

 母は当初は抵抗していたが、次第に逃げなくなった。暴言や暴力を受け続けるうち、「無気力な状態に追いやられているように見えた」。

 やぶうちさんと2人の妹も標的に。「母か、私か、妹か。父の機嫌次第で誰がたたかれるかが決まる毎日だった」。「お父さんの言うことを聞いておけば良いんだ」とよく言われ、精神的に追い込まれた。

夫は爆発した後、優しくなり、また気分次第で爆発……。DVの背景には、加害者からの「アメとムチ」の支配があると言います。#ニュース4U取材班が体験談を聞きました。

「口外するな」と圧力、相談難しく

 「誰が悪いんだ?」と父に聞か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら