[PR]

 外国籍の児童生徒は義務教育の対象ではない。だが学齢期に教育を受けないと、将来は進学や就職に問題が生じかねない。それがもたらす「貧困の連鎖」は社会への影響も大きい。今春の外国人労働者の受け入れ拡大を控えて、どのように教育環境を整えるべきか。群馬県内の「先進地」の取り組みを取材した。

独自にバイリンガル教員 太田市

 太田市立南中学校の国際教室。「オーストラリアはオセアニア州」「Do you know?」。バイリンガル教員のクラウス百合子先生(46)が英語を交えながら、パキスタン出身の女子生徒に社会科を教えていた。

 日本語の理解が十分でない生徒…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース