[PR]

 脳腫瘍(しゅよう)の治療を受けながら声楽家を目指す高校1年の女子生徒が16日、「国際小児がんデー」(15日)に合わせた国立成育医療研究センター(東京・世田谷)の「交流フェスタ」で、歌を披露する。急な手術で一時は出演が危ぶまれたが、回復。病を抱えた子どもや家族に楽しいひとときを届けようと、直前の練習に励んでいる。

 東京都練馬区の安斎凜咲(りさ)さん(16)は、小学2年生で脳腫瘍が分かり、成育医療研究センターで治療を受けた。病床で音楽を聴くうちに歌が好きになり、地元の合唱団へ。中学から国立(くにたち)音楽大学付属校に進んだ。病状は安定しており、定期的な経過観察が続いた。

 昨春、高校に進学し、念願の音楽科声楽専攻で学び始めたが、その直前に腫瘍の増大が分かり、通院治療を再開。6月に左目が見えなくなり、腫瘍を抑えるため更に強い薬を使い始めた。「自信を失って落ち込んだり、無気力になったり、大変でした」と凜咲さんは振り返る。

 秋になり、病院のソーシャルワ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら