[PR]

 立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は13日、競泳の池江璃花子選手の白血病公表をめぐり桜田義孝五輪相が不適切な発言をしたとして、安倍晋三首相に罷免(ひめん)を求める考えを示した。記者団に「五輪相を続けて頂くのは難しい。速やかに首相はどうするか決めた方がいい」と述べた。

 NHKの報道によると、桜田氏は12日、池江選手の発表を受けて「日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」などと記者団に述べた。

 これに対し、辻元氏は13日、「五輪相としてはもちろん、人間としても言ってはいけない」と批判。国民民主党の原口一博国対委員長は「心ない発言で看過できない。即刻の罷免(ひめん)に値する」、共産党の穀田恵二国対委員長も「およそ論評に値しないが、桜田氏が資質を欠いていることはすでに明らかだ」と記者会見で指摘した。