[PR]

 桜田義孝五輪担当相は13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手が白血病を発表したことを受け「がっかりしている」と発言したことについて、「配慮を欠いたと思うので、おわびをし、撤回する」と述べた。自身の進退については「職務を全うできるよう努める。今までの分も挽回できるよう、一生懸命職務に努めたい」として続投する考えを示した。立憲民主党会派の寺田学氏の質問に答えた。

 安倍晋三首相は、桜田氏の罷免(ひめん)を求める寺田氏に対し、「五輪担当相として、今回反省し、配慮がなかったということを胸に刻んで職責を全うしていきたいと述べている」とし、「五輪招致に全力を尽くしてきた。五輪を成功させるよう全力を尽くしてほしい」と応じない考えを示した。

 NHKの報道によると、桜田氏は12日、「日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」などと記者団に述べた。

 「下火」発言について、桜田氏は衆院予算委員会で「池江選手が水泳界をリードするとともに、他の選手の目標となる選手である趣旨を述べたものだ」と釈明した。

 国民民主党の岡本充功氏に「なぜ失言が多いのか」と問われると、「私にはよくわかりません」と答えた。