[PR]

 三重県名張市内のコンビニエンスストアの店頭で高額の電子マネーを購入しようとした人に声を掛けるなどして特殊詐欺被害を未然に防いだとして名張署は13日、コンビニ2店のオーナーと店員に署長感謝状を贈った。

 感謝状を受けたのは、セブンイレブン名張蔵持町原出西店のオーナー冨森雅彦さん(46)とローソン名張夏見店のパート従業員坂本美咲さん(33)。

 冨森さんは、2日に店を訪れた市内の50代女性が30万円分のnanaco(ナナコ)ギフトカードを買おうとしたため、使い道を尋ねた。「電化製品の購入代。時間がない」とあせる様子を不審に思った冨森さんは、機転を利かせて領収書だけを渡し、女性の車のナンバーを書き留め、ギフトカードを忘れたことに気づいた女性が店に戻るまでの間に警察に通報。署によると、女性には有料サイトの利用料支払いを求める携帯メールが届き、知らぬ男から電話でギフトカード購入を指示されていた。

 坂本さんは8日、7万5千円分のアマゾンギフト券を買おうとした奈良県宇陀市の70代男性に声を掛けるとともに、オーナーに知らせて警察に通報。男性は自宅のパソコン画面がロックし、「セキュリティー解除費用」をギフト券で支払うよう要求されていた。

 冨森さんは「お客の大切な財産を守れて良かった」。坂本さんは「以前に店で詐欺被害を防止したことを聞いていたこともあり、おかしいと思った」と話していた。署によると、今年は管内での特殊詐欺被害の件数はゼロだが、県内では5件、約2780万円の被害が出ている。加藤匡署長は「次々と新たな手口が現れる。警察も店に情報を提供し、水際対策に力を入れたい」と話した。(吉住琢二)