[PR]

 子どもを連れて職場に行き、仕事をする「子連れ出勤」が賛否を呼んでいる。今年1月、宮腰光寛・少子化担当相が政府として後押しする考えを表明。7カ月の長男を連れて本会議場に入った熊本市議の話題など、議論が盛んだ。だが、30年ほど前にも世間を騒がす一大論争があった。「アグネス論争」だ。

 1987年、歌手のアグネス・チャンさんが生後数カ月の長男を連れてテレビや講演の仕事に復帰、賛否を呼ぶ。翌88年、参議院の調査会に参考人として招かれ、「子どもも大切、仕事もしたい、仕事に意味を感じる、だけど子どもを産みたい。そのジレンマに陥っている女性が大勢いると痛感した」などと述べた。

 これに対し、作家の林真理子さんは「文芸春秋」(88年5月号)で「子連れ出勤」を「働く人間としての自負心が許さない。それはあまりにも甘ったれた夢物語だと思う」と反論した。

 論争にはコラムニストの中野翠…

この記事は有料会員記事です。残り2296文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。