[PR]

 横浜市のみなとみらい21(MM21)地区に2020年、全長630メートルのロープウェーが誕生する。JR桜木町駅前と、商業施設「横浜ワールドポーターズ」や「横浜赤レンガ倉庫」などがある同市中区新港地区を結び、一帯のにぎわい創出につなげるのがねらい。13日の横浜市議会常任委員会で市が報告した。

 このロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN」(仮称)は、「桜木町駅前」と「運河パーク」の二つの停留所の間を、8人乗りのゴンドラが2、3分で結ぶ。海をまたぐ箇所には3本の支柱(海面からの高さ30~40メートル)を立てる。運河パーク停留所は、2階にデッキのあるワールドポーターズに隣接する予定という。ロープウェーの新設で、JR、市営地下鉄の駅から新港地区へのアクセスが便利になる。

 市によると、設置・運営は、MM21の遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業(大阪府)が行い、市の公費負担はないという。18年度中に同社と市が協定を結び、19年度に着工、20年の東京五輪・パラリンピック前の開業を目指す。

 MM21地区は商業・観光施設が点在しており、地区内での移動の利便性向上が課題となっている。市は「移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通」を目指し、17年度に提案を公募。ロープウェーを含む9案について、提案した法人などと協議を続けてきた。案の中には、客が乗りたいときに呼べる「オンデマンドバス」の運行など、すでに実施されたものもあり、ほかの案も引き続き実現を目指していくという。

 ロープウェーの新設について、横浜市の林文子市長は「都心臨海部全体の回遊性向上と活性化につながる。日本初の都市部を運行するロープウェーであり、横浜の魅力を国内外に発信する施設になる」と期待を寄せる。(木下こゆる)