[PR]

 天皇陛下に元慰安婦らへの謝罪を求める発言をした韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長は12日、「平素からの持論。10年前から話してきた。根本的な解決方法について、今でもそう思っている。謝ることではない」と述べ、日本政府が求めた発言の撤回には応じられないとの考えを示した。訪問先のワシントンでの韓国記者団との懇談会で語った。

 文氏は慰安婦問題の解決方法について「真心のこもった謝罪だ。被害者の最後の許しの言葉が出るまで謝罪しろということだ」と語った。「(1月に亡くなった元慰安婦の)金福童(キムボクトン)さんは(謝罪の)手紙1枚だけでも送って欲しいと言っていた。(日本は)被害者を優先せずに答弁している」と主張。「亡くなったとき、弔花や弔問が一度でもあれば問題が解決したということだ」とも述べた。

 日本で自らの発言への批判が出ていることには「なぜ問題になるのか。(菅義偉)官房長官や安倍(晋三)首相までなぜ(発言するのか)」と反発した。

 文氏は「韓日国交正常化を取りやめようとは誰も言っていない。我が国民は(日韓請求権協定について)心情的に反対しているが、無効だとは宣言していない」と述べた。日本企業に元徴用工らへの損害賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決を念頭にした発言とみられる。(ソウル=牧野愛博)