[PR]

 マドゥロ大統領の独裁への反発が広がる南米ベネズエラの各地で12日に開かれた大規模な反政府集会は、現地報道によると10万人以上に膨らんだ。反政権側の勢いは強まっており、マドゥロ氏支持を表明してきたロシアや中国は微妙に立場を変え始めている模様だ。

 「マドゥロ退陣までデモをし続ける」。カラカスでの集会に参加した大学生マルコ・ロルダンさん(19)は語った。病院の近くに住むが薬がなく、死んでいく人と家族を毎日のように見る。「悲劇が日常だ。国を変えなければいけない」

 国民は食料や医薬品の不足に直面する。だが、マドゥロ政権は「汚染されており、食べれば体を壊す」「支援を装った侵略だ」などと主張し、米国からの人道支援物資の搬入を拒んでいる。暫定大統領を宣言したグアイド国会議長は「23日に物資は国に入る」と演説。軍に協力を求めるとともに、人道物資を止める政権への圧力を強めている。

 グアイド氏側はこれまで、米国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら