[PR]

 桜田義孝五輪相は13日の衆院予算委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)が定める五輪の基本原則「五輪憲章」について「読んでいない」と述べた。国民民主党の階猛氏の質問に答えた。

 桜田氏は、五輪憲章に関する理解を問われ、「話には聞いているが、自分では読んでいない」と答弁。その後は「五輪の根本原則、規則、付則、細則を成文化したもの」などと事務方の用意した紙を読み上げた。

 憲章にある五輪の目的を問われると「詳細のものは用意していない」。階氏は憲章では「人間の尊厳」がうたわれていると指摘し、「池江選手への発言はこれをまったく理解していない。五輪の根本的な理念もわかっていなくて大臣が続けられるのか」と批判した。

 桜田氏は昨年の参院予算委員会でも、東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトなどを質問されて即答できず、野党から資質を問う声が出ていた。(大久保貴裕)