[PR]

 中国に住むトルコ系の少数民族ウイグル族に対する人権侵害が指摘されている問題で、トルコと中国の両政府が互いを非難し合っている。トルコが「中国の組織的な同化政策は人類の恥」と批判すると、中国は「偏りなく中国の政策を理解してほしい」と反発。双方とも相手国との経済関係を考慮しつつ、世論を意識した対応を続けている。

 きっかけは、トルコ外務省が9日に発表した声明だ。中国政府の拘束下にあったウイグル族の著名音楽家が死亡したと指摘し、中国を厳しく批判。「100万人以上が恣意(しい)的に逮捕され、中国の収容所や刑務所で拷問や政治的な洗脳をされているのは、もはや秘密ではない」とも非難した。

 ウイグル族にはイスラム教徒が多く、漢族中心の中国政府との摩擦から多数が拘束されてきた。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は昨年9月、約100万人が「再教育収容施設」に収容されていると指摘。欧米で強まった批判に対し、中国政府は施設は「職業訓練」のためだと反論してきた。

 ウイグル族を巡り、トルコ政府はこれまで、亡命者を数万人規模で受け入れてきたとされる。2009年に中国・新疆ウイグル自治区の騒乱で大勢の犠牲者が出た際には、当時首相だったエルドアン大統領が「ジェノサイド(集団殺害)」だと中国を非難した。

 中国との経済的な関係が深まっ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら